こどもの城について

少子高齢化社会を迎え、未来を担う子どもたちを心身ともに健やかに育てる環境作りが重要な課題となっています。このような中でえひめこどもの城は、子どもたちが遊びや交流を通して様々な体験活動を行うことにより、創造力や自主性、社会性、豊かな感性などを育むことができるよう、県立の児童厚生施設として、平成10年10月に開園しました。

当園は、県総合運動公園と県立とべ動物園に隣接し、美しい水辺景観をもつ通谷池をはじめ、草花や木々が立ち並ぶ、約35ヘクタールの環境の豊かな場所となっております。

園内には、冒険の丘、創造の丘、ふれあいの森、こどものまちゾーン、環境体験学習コーナーなど、各年代の子どもが興味・関心などニーズに応じてあそびが選択できるよう、色々な体験ゾーンを設けています。また全天候型の施設であります。城郭風の建物「あいあい児童館」はそれ自体が迷路となっており、変化とスリルがあり、遊び心を誘発してくれるものと思います。エントランスホールのこどもタワーや2階3階、屋上での体験コーナーなど、自由に楽しみながら、色々な活動に関心や好奇心を起こし、子どもの可能性を拓くきっかけになればと、スタッフも工夫を凝らしております。
2階の幼児コーナーは、幼児向けの遊具と自由に遊べるスペースを確保し、お子さんと一緒に楽しめる空間になっております。また、臨床心理士による子育て相談を特設しております。お子さんとあそびながら気軽く話しかけてください。
同じく2階多目的ホールでは、幼児向けプログラムや音楽、ダンス、演劇など発表や各種イベントも実施しております。

えひめこどもの城では、四季折々のイベントにも「あそびと学び」の視点から、保育園・幼稚園・学校や家庭、地域では体験しがたい企画を用意しております。その都度ホームページ、イベントポスター等でお知らせ致します。ご家族お揃いでご来園ください。

園長のことば

“遊びに育む”えひめこどもの城~見どころ・遊びどころ・学びどころ・そして目指すもの~

園 長 敷村 一元

えひめこどもの城はお陰様をもちまして、20周年を迎えることができました。
 この20年たくさんの方々に来ていただき、たくさんの笑顔に出会うことができています。これからも、様々な方が集える場所として、皆さまに親しまれる城を目指していきます。

子どもにとって良い環境とは、大人の見守りの中で様々なことを体験し、その中で色々考え、そして行動しながら成長していくことだと思います。

えひめこどもの城は、自然の環境、遊び、体験コーナー、遊具、イベント等の体験を通して、子どものやってみたい気持ちがもてるような場所になることを心がけています。
 そして、私たちスタッフは、子どもさんと親御さんの声に耳を傾け、安心して様々な遊びに取り組めるようにサポートしていきます。
 子どもも大人も、みんなが笑顔になれるこどもの城を目指していきます。